マタニティ歯科

妊娠中・授乳中の方のために

「レントゲンは撮りたくない……」
「治療中に気持ち悪くなったらどうしよう……」
妊娠中に治療を受けることに不安を覚えるという方は少なくないかもしれません。その一方で、歯の治療はなるべく早く始めることが大切です。

当院では、妊娠中や授乳中の方のためにマタニティ歯科を設けています。

「妊娠しているけれど歯の治療をしても大丈夫?」という不安がある方も、安心してご相談ください。現在の体調やご希望の治療などをうかがった後、治療にあたらせていただきますので、ご要望等あれば遠慮なくご相談ください。
マタニティ歯科の受診をご希望の方は、まず女性の歯科衛生士が対応する事もできますのでお気軽にお申し付けください。

妊娠中のお口の変化

昔は「出産回数に応じて自分の歯が悪くなる」といわれてきましたが、これは女性ホルモンが変動する影響で歯肉炎になりやすいからです。また、つわりの影響で歯ブラシが出来なかったり、常に食べていたりと口腔内環境が悪くなりやすいことも原因としてあげられます。
歯垢(プラーク)をしっかり取り除けば、歯肉炎を防ぐことができます。
ご家庭での歯みがきをきちんとすることはもちろん、歯医者さんでの定期的なチェックが効果的です。

赤ちゃんの虫歯予防(虫歯予防はマイナス1才から)

よく知られているように、虫歯は虫歯菌によって引き起こされている感染症です。そして多くの場合、食べ物や食器、スキンシップを介してお母さんから子供に感染していると考えられています。
ですから、お子様が生まれる前にお母さんがお口の治療を済ませておくことは、お子様の虫歯を予防する上でも非常に大きな意味があります。

マタニティ歯科 
よくある質問

妊娠中にX線写真(レントゲン)を撮影しても大丈夫ですか?
医学的に、医療で使われるX線が妊婦や胎児に影響を与えることはないと考えられています。しかし、その一方で心理的には不安をぬぐいきることができないという方もいらっしゃるかと思います。
当院では、治療を進める上でどうしても必要だと判断される場合を除いて、出産後に改めて必要なX線写真を撮影するようにおすすめしています。
妊娠中や授乳中でも治療を受けられますか?
基本的に一般的な歯科治療を行ってはいけない時期はありませんが、妊娠初期の方は過度な緊張が流産のリスクを高めてしまうことがあるため、妊娠中期(5ヶ月~7ヶ月)の安定期に治療を行うことをおすすめします。
また、お薬の中に避けなければいけないものがあるため、必ず妊娠中または授乳中であることをお知らせください。

TOPへ戻る