マウスピース矯正

マウスピース矯正について

マウスピース矯正は、ご自身で取り外す事が可能な、マウスピース型の矯正器具を歯に装着する事により、歯並びを矯正する方法です。
付けていても目立ちにくい透明のマウスピース型矯正もあり、ご自身での着脱が可能であり、通院回数も通常の矯正よりも少なくなるという利点があります。
尚、症状によってマウスピース型矯正が難しい場合もございますので、 まずは検査を行い、医師の診断をしっかりとした上で、マウスピースによる治療が可能かを判断いたします。
歯並びが気になる事で、人との会話が苦手だったり内向的だった人が、矯正治療をした結果、性格も明るく前向きになった事を実感しているという例もあるようですので、気になる方や、これまで矯正治療に踏み切れなかった方、ぜひ一度、ご相談いただければと思います。

マウスピース矯正のメリット

  • 透明で目立ちにくい
  • ご自身での着脱が可能
  • 痛みが少ない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 3Dデータで歯並びを設計し、立体的に治療目標を確認できる

マウスピース矯正のデメリット

  • 適応できない症例がある
  • 初診時の模型ですべてのマウスピースを作成する為、治療中での虫歯の治療に制限がかかる場合があります

マウスピース矯正の流れ

1回目:無料相談

マウスピース矯正についての説明。
「マウスピース矯正をやってみたい!」と思ったら、次回の予約を取ってください。
矯正診断に進みます。
※2回目で矯正診断料がかかります。40,000円+税
※虫歯や歯周病の治療を完了してからでないと、マウスピース矯正は出来ません。(虫歯や歯周病の治療は一部を除き保険適用です。)
※マウスピース矯正に向かないケースは大学病院の矯正科を紹介いたします。

2回目:矯正をする際の様々なデータを揃えます

1.上下の型取り
2.口腔内写真・顔貌写真
3. レントゲン(オルソパントモ)
※マウスピース矯正は治療期間が長くなるほど費用が多くかかります。マウスピース矯正は万能ではありません。苦手な歯の動かし方が存在します。マウスピース矯正の回数を減らすために、ワイヤーを使っての矯正の併用をお勧めする場合があります。

3回目:診断結果と治療の説明

マウスピース矯正は形が少しずつ違うマウスピースを一定期間装着し、歯が目的の位置まで動いたら次のマウスピースを装着する矯正方法です。何回マウスピースを換えれば目標の歯並びになるのかを逆算することでおおよその治療期間と料金が確定します。
診断結果と治療計画にご納得いただき、同意すればマウスピースの作成を始めます。
※マウスピース矯正の費用がかかります。作成に入るとキャンセルが出来ませんのでご了承ください。
※治療をご希望なさらない場合は10,000円+税を返金いたします。

4回目:マウスピースのお渡し

マウスピースの取り扱い・今後の治療計画についてについて説明します。
3回目の診断結果時に説明した費用がかかります。

5回目以降:歯が動いているかの確認。次のステップに進むか判断

歯が目標の位置まで動いていたら、次のマウスピースをお渡しします。目標まで歯が動いていないときには原因を特定し、もう一度同じマウスピースを装着していただきます。

矯正治療完了:マウスピース型のリテーナーのお渡し 矯正治療完了後は必ずリテーナーを使用してください。リテーナーを使用しないと必ず後戻りが生じます。

マウスピース矯正に必要な費用

矯正診断料  40,000円(税別)  ※2回目の時点で費用が発生します。
マウスピース矯正費用 ※4回目マウスピースお渡し時)
重度 価格(税抜)
軽度(5回まで) 250,000円
中程度(10回まで) 320,000円
困難なもの(20回まで) 520,000円
21回以降 17,000円/回

※マウスピースを破損、または紛失した場合、別途17,000円(税別)が発生します。

ワイヤー矯正併用:マウスピース矯正費用+60,000円(税別)

矯正治療終了後、後戻りを防止するためにマウスタイプのリテーナーをお渡しします。(1回目お渡しは矯正費用に含まれているので費用は発生しません。リテーナーが破損した場合など、2回目以降のリテーナーは1つ5,000円+税の費用が発生します。)

※矯正費用の中に毎回の調整料などが含まれていますので、矯正治療中に追加で費用は基本的には発生しません。(矯正治療中に被せ物をやり直すなど、矯正開始時と大きくお口の中の状態が変わった場合、追加費用が発生する場合があります。)

TOPへ戻る